製品一覧 / Product List

HOME» 製品一覧 / Product List »アザミウマ対策防虫灯

製品一覧 / Product List

アザミウマ対策防虫灯

アザミウマの拡散防止効果


(1)農研機構 2014 年 「光を利用した害虫防除のための手引き」にアザミウマが走光性を示さない赤色光(波長630nm)を照射すると成虫数の減少および果実被害度の軽減があると発表。

(2)静岡県では、メロン栽培で赤色光の照射がアザミウマの拡散防止効果が高いとの研究成果を発表。
 

ゼロビームのアザミウマ防虫灯の特長

 LED製品で長寿命製品である。
電気代が、1ヶ月 200円。電気代を気にしないで長時間点灯が可能。
光が円形360°に出て、ハウス全体を光で包み効果が高い。

アザミウマ製品の波長

使用LEDの波長域と波長630nmの位置
波長図はLED製造メーカーのホームページより引用

LEDレッド(630nmをピークとし、600nmから650nm)

LEDレッドの特長

LEDレッドの特長
拡散抑制効果の高い波長630nmが波長のピークであり、拡散抑制効果が高い。

アザミウマ対策製品紹介
 
モスバリアジュニアⅡ
LED レッド
モスバリアジュニアⅡ LED レッド
スペック
サイズ:φ74mm×H460mm
重量:850g
電源:AC10VL(50/60Hz共用)
消費電力:28W
照射距離:半径15m
モスバリアジュニアⅡ レッド 効果的な使用方法
★効果について
赤色の効果は拡散抑制です。農薬のような殺傷効果はありません。
アザミウマは生息域を拡げるため(拡散)、緑色(作物)を目標に飛ぶと言われています。 作物に赤色が当たると、目標が見えなくなりその場に留まり拡散しにくくなります。

★効果を得るため大切なこと
照射開始前のハウスのアザミウマ密度をゼロにする。
露地でも点灯前に農薬散布等でアザミウマを防除しておく。
種まき・定植直後から点灯し、最後まで継続して点灯する。
アザミウマが活動する時間に点灯。
苗と共にアザミウマが持ち込まれないよう注意する。
天敵農薬との併用や必要に応じて農薬散布する。

★点灯時間
ミナミキイロアザミウマの飛翔活動は、夏場は明け方と夕方の数時間、冬場は昼間が最も活発となります。(農研機構 光を利用した害虫防除の手引きより)
他の種類も昼間活動します。以下の時間を厳守してください。
季節による時間の変化に注意し、タイマー設定時間を適切に。

モスバリアジュニアⅡ レッド 効果的な使用方法

★天敵農薬への影響
最近活用されている天敵農薬(カブリダニ類等)に対する悪影響はありません。

★反射シートの併用
光がまんべんなくあたることで効果を高められます。
光を反射させるシートを併用することで効果が高くなります。

▶︎アザミウマ防除設置実例